So-net無料ブログ作成
検索選択

自分に刺される [夢]

最初に言っときますが、夢の話です^^;;
少しだけ怖いです。


          *****


ふと気付くと真っ暗な部屋の中に立っていました。



既にここで、ああ夢か、例のパターンのやつ^^;...と気付きます。

さて、このままいくと金縛りになるかdouble layeredになるか、と薄ぼんやりと思っていると、ピンポーンと部屋のドアホンが鳴りました。


次に気づくと、真っ暗な玄関のドアの前に立っています。

「はい」

と返事してドアを開けると、一瞬で小柄な黒い影が流れ込んできて刺されました。


左胸を


          *****


ここで、はっと目が覚めたのですが、まあ夢だしと思って、またすぐに寝た^^

これぐらい金縛りに比べたら屁でもない^^
ちょっとあせったけど


翌朝、この夢のことについて考えたけど、あの黒い影(子供ではなさそうだった。150cm~155cmぐらいの女性?)は自分自身の一部のような気がする。

まず、ドアホンが鳴ったとき、一瞬場面が切り替わって、その何者かが玄関のドアホンを押しているのが見えた。
どういうことかというと、映画のように視点が部屋の外に切り替わり、少し離れたところからドアホンを押しているのが見えた。

次に、部屋に流れ込んできたとき、その黒い影には顔がなく、全体が真っ黒だった。

そして、私を刺した右手には、実は何も刃物が握られていなかった(でも刺された...)。


夢の中で自分の無意識に何か抗議されたような気が直感的にする。


うーん....いろいろと反省^^;;
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暴走自転車 [わたしの思い込み]

久しぶりに、わたしの勝手な思い込みシリーズ!!

梅田というか淀屋橋~天満の辺りでもっとも危険な、具体的に言うと、もっとも歩道を暴走している自転車の種類はこれ(↓)
main_11.jpg


適当な画像がなくて、ブリジストンのサイトから無理やり引っ張ってきた^^;

この車種の自転車という意味ではなくて(この写真の自転車は実際には見たことない。なんか、これ見た目よりもすごく高いんですけど^^;;....)、ポイントは後ろに子供用のシートが付いていること。

この種に乗っているのは本当に危険な輩が多い。

前にシートが付いているのはそれほどでもない。
子供が乗車中はそれほどでもない。

後ろにシート付けている空荷のやつが非常に危険(トラックかよ...)。
特に、ベージュ色のもっと安そうなシート付けているやつ。
人に衝突しそうになろうが何しようが気にせず暴走。

ということで、経験則上、子供用シートを付けた自転車を見たら逃げるようにしている。

何も見てないんですよね、この手のに乗っている輩。
視線狭窄症というか、とにかく自分が前に進行することしか考えていない。

次に危険なのが、中国製と思われる小径のチャリだけど、これは絶対的な速度がやや低い点で回避が比較的容易。


子供を育てるのに人によっては容易に視線狭窄症になるだろうというのも理解できるが、「暴走しなければ生活できない」という態度は改めた方がいい。
なんか根本が間違っている。

それから傷害保険には入っとけよ....って、きちんと保険に入るような人は最初から暴走しませんわな....^^;

そうそうこの話は経験則上の話なので地域限定ね。他所は知らない。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふやける [雑感]

旅行では高原に行ったのですが、そこで鉢植えの花を売ってまして、あまりにもキレイで、しかも生きの良い株だったので購入。

大阪に帰ってから花屋で見てみると、同じ種類の花だけど、花も葉っぱも状態がイマイチの鉢植えが、なんと倍以上の値段^^;;

むっちゃ安く買えた!!安かったことをアピールしたい!!という、関西人に特有の喜びに包まれる。
まあ、産地に近いのなら、安いのは当たり前ですわな。
輸送費かかんないし。


さて、そういうGWでしたが、今年は思い切って中日の平日も全て休んじゃいました(体のいろいろおかしくなったところを修繕^^;;)。
こんなときは、電車乗ってると小学生の遠足にぶち当たることがあるのですが、気づいた点が数点。


1.最近の先生は、生徒を名前(いわゆるファーストネーム)で呼ぶ

2.最近の先生は、生徒が車内の床に座ってても全く気にしない。
というか、結構たくさん床に座り込むので驚いた。
元気なグループとの差が大きすぎ^^;;

3.座り込むのは女子が多い。
しかも、女子特有の「みんなで」座ろうという空気感が満載
見た目は明るいけど、なんか雰囲気が暗いよね、あれ(子供のうちから本当に大変ですね^^;;)

4.若いにーちゃんの先生がホームの階段のところで生徒を止めるもんで、一般客の渋滞が発生。
そんなところで止めたらあかんがな。

なんか全体として、ふにゃー、とふやけた感じでした^^
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぼやける [雑感]

むっちゃ久しぶりにGWに旅行に行きました^^

飛び石になっているからか、思ったほど混んでないですね、高速道路
帰りに関ヶ原で17キロほど渋滞したのみ。17キロと言っても、40~70km/hほどで流れている区間も結構あるので、あまり大したことありませんでした。

今回、渋滞区間でひたすら走行車線に張り付いてみましたが、追越車線の車とは、約10分のスケールで見てほぼパラレルで移動。
このスケールでの渋滞中の車線変更は全く意味ないですね^^ (この実験の基準車には、車線変更を繰り返す真っ黄色のスイフト君を採用。他に黄色の車が皆無で基準車としてわかりやすかった^^;;)


さて、今回旅行で行ったところには、おいしい店がいくつかあるのを知っていたのですが、7、8年ぶりで訪れたところ、いろいろ変わっててとても驚きました。

どうやら、軒並み先代が引退してその子の代が後を継ぐタイミングとなっているようで、味が微妙に変わっています。店によっては、出すもの自体が変わっちゃっている。

もちろん、時間が経てば人も変わるし、時代も変わる。
来る客だって変わるので全く変化が無いのも妙なのですが、おおよその感想でいうと、どーも味などが以前よりも「ぼやけている」ような気がする。

改装などしているところはとてもキレイになっているんですけどねえ。
まあ、見た目キレイにするのは誰でも簡単にできることだし、見た目がキレイなだけの所は普段イヤというほど見ているので、味がぼやけているとなんか残念。

それともう一つ感じたのは、まあ、行ったところが小さい町ということもあるかもしれないのですが、代替わりした人たちの内輪だけでいろいろと判断しているので、このぼやけた感じが始まっているんじゃないかということ。

根拠ないんですけどね。
なんか、知り合いの間で妙にぬるい判断がなされているような気配を肌に感じる。


『地元の仲間に縛られる都会のソーシャル大学生』(http://blogos.com/article/85515/
みたいなものと根っこが共通しているのかも。

あと5年もするともっとはっきりとわかると思うので、5年後に再訪してみます^^
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

解離の被注察感 [夢]

GWですねー。とてもいい気候です。
一年中、こんな気候ならいいのに。

最近、少しでも運動不足が解消できるように、昼ごはんで外に出たときは(うちの会社はどこで飯食おうと自由)、3、4kmは歩くようにしてます。

ちゃっちゃとごはん食べて3、4キロ歩いて、大体ちょうど1時間。
もともと基礎代謝が多い体質らしく(結構食べてるのにあまり太らない)、会社に帰ってくると発熱して汗だく^^;; 
んで扇風機で強制冷却

いろいろ街を歩いていると結構面白い。
淀屋橋から出て真東に行くと天満(JRの天満駅のあたりではなく、昔から大坂の一部だった大川沿いの天満。ちょうど天神さんの真南あたり)なんですが、あの辺、いいですねー。
別にこれといったものは何もないんだけど、川の北側に位置しているので南が開けていて光が明るい。一種のハレの場所になっています。
梅田みたいなジメッとした陰鬱さがありません。

やっぱり昔から人が住んでいるところは、今も住みやすいのかもね。
もっとも、最終的にはそこに住む人次第ですけどね。

で、歩いていると、今週目についたのは、これ(↓)

fp01F5197584s3035.jpg

すいません、画像は野草雑記さん(http://www.tombon.com/fp01.htm)からの借用です。


これがちょっとした地面があるところにわんさか生えている。

どうみてもケシの花に見えるので、これ、生えてて大丈夫?もしかして警察に通報?と思ったんですが、ナガミヒナゲシという花で、問題となる成分は含まれていないみたいですね。

なんか見た目がか弱そうな花なんですが、あの生え方だと実はすごく強いな^^
放っておくと、そのうち大群生になるな。
なんせ、どこにでも生えてるんだもん。


さて、本題

暗い話なので、前振りをガラに無く明るめにした^^


解離性障害の症状に「何かに見られている感じ」(柴山さんの本によれば「被注察感」)があるようです。
そして、それは、例えば家の中の一定の場所に感じたりするらしいです。

自分もそうでした。
この被注察感というのは非常によくわかります。

自分の場合、実家の中の何か所かにあって、そのうち一つがお風呂(一番弱い)、一つが2階のトイレ(弱い)、一つが階段(やや強い。一度、骸骨が上ってくるのが見えた階段)、そして一番強いのが自分の部屋のフスマの横の壁でした。ちなみにこのフスマの向こうが階段です。

机に座って本などを読んでいると、この壁がちょうど自分の背中に位置する(3mほど離れている)のですが、常に壁から誰かに見られている気配が。
頻繁に後ろを振り返って何もいないのを何度も確認していました。

どんな風に見えていたかというと、ちょっと気持ち悪いので....

間をあけます。








興味のある人だけ展開


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続々々々ふみんみんみん [雑感]

これもしかして役に立つ人がいるかもしれないので、記事をアップしても閲覧数1とか2とかせいぜい3の寂しいhatenaではなく、so-netに。

例の不眠(中途覚醒)なんですけど、今、ほとんどありません。
厳密に言うと、途中で1回起きるんですけど、またすぐに寝れます^^
なので、今は全然困っていません。

不眠が軽快したきっかけは帰脾湯という漢方薬です。
どうもこれは「血を作る」薬らしいです。
なので、不眠が軽快しただけではなく、全体的に元気な方向に底上げされました。
他の薬は(西洋薬は)全く飲んでいません。

漢方薬が何故効くのか非常に不思議だったんですが、この前、晩御飯食べながらためしてガッテンを見ていると、鉄不足で不眠になることがあるという話が(http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20140409.html)...。

ふーん...と見ていたのですが、突然、気づきました。


もしかして「血を作る」帰脾湯って、鉄分多いんじゃ....


今度、漢方の医者に聞いてみますが、その可能性はあるような気がします。
(まあ、それが本当なら、ミネラル不足で不眠でした...という少し恥ずかしい結果に^^;;)


※漢方を服用する際には、必ず漢方医の診察を受けましょう。「証」が合わないと、良くないらしいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

保守

保守
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

引っ越し [雑感]

9年前に始めたガラスガラガラですが、引っ越します。

ま、最近はほとんど放置だけど。

新しいアドレス

http://glassgarara.hatenablog.jp/

です。
なんか全然人がいなさそうな「はてなブログ」です。
テンプレートデザインが好みだった、それだけです。

so-netは使い心地はいいんですが(操作も直感的だし)、重すぎる。
接続するのに一体何秒かかってるんですか?

ここの記事は移植せず、そのままここに残しておきます。
コメントくださった方、niceくださった方、ありがとうございました。

では。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頭内爆発音 [夢]

いやー、久しぶりに来ちゃいました頭内爆発音^^;


知ってます? 頭内爆発音

これ、寝てるとき(睡眠が浅いとき)や寝入りばなに頭の中で結構大きな爆発音が聞こえるという現象です。
(参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/377306/  何故かWikipediaには項目が無いな...)

珍しいと思います。身近な人から、こういうことあったよと聞いたことがありません。

で、昨日寝てたら、夜中にどかーんと^^;
25年ぶりぐらい。

前回、25年前は、家で昼寝しているときにいきなりどかーんとやられました。
そのときは本当にびっくりして、ダンプでも突っ込んだとのかとあわてて飛び起き、家の中を確認して回ったのを覚えています。
でも何も異常が無くて、さっきの一体全体何????の状態でした。

今回は前回よりもマイルドで、やや音量が小さく、音の聞こえる時間が長かったです。
しかも2回目だったので驚きが少なかった(それぐらい前回のことはインパクトが大きく、よく覚えていた)。


この現象、原因不明なんですけど、個人的には金縛りやdoulble layered(二層)の夢を見るときと似てると思います。
二層の夢を見るときの二層目から一層目に移動したときにとても眩しいことが多いんですが(で、朝と間違えてさらに零層目(=現実世界)に移ると、実はまだ暗い夜中^^;;)、その聴覚版という感じがします。
あくまでも直感的な解釈ですが。

前回は昼寝でうとうとしていたとき、今回は夢を見て眠りが浅かったときと、そのタイミングも金縛りや二層の夢にそっくり。
さらに前回のどかーんは連日の金縛りに悩まされていた時期でした。


根本は、何らかの要因による睡眠の乱れのように思います。

自分の場合は、多分、仕事で脳が疲れて、異常な信号が出たに違いないです。
揺れる夢を見まくっていたのも、これと関係しているのかも(異常な信号が触覚に出ると揺れを感じる)。


こういうときは、車運転するか、電車乗ってどこかに行くかすると回復します。

ここで大切なことは行先を決めずに運転するか電車乗ること。
普段の通勤と同じことしちゃダメです。
その場その場の自分の気分に従って適当にうろうろしていると脳の疲労が回復します。
今そこにある景色を何も考えずに眺めるのがポイントです(車乗るときは、それができるぐらい他に車が走っておらず、信号も無いワインディングがベター。景色がくるくる変わるので)


ところで、実はこの回復動作は子供のときからの知恵です。
うちは家庭環境が結構シビアだったので、小学生んときから疲れたなあと思うと(子供でも極度に疲労するぐらいシビアだったということ^^;;)、一人で電車乗って京都行ったり、須磨浦公園に行ったりしてました。
何で京都や須磨かというと、当時の阪急電車の東の端っこと西の端っこです。

須磨に行ったときはたまたまそこに遊びに来ていた大学生のお姉さんに一緒に遊んでもらったのでよく覚えているんですが、他の所に行って何をしたかはよく覚えていないんですよね。

四条河原町の駅を降りた後、どうしてたのか?
鴨川の河原でぼんやりしてたのかなあ。
まあ、それぐらいただ景色を眺めてたんでしょうね。


さて、頭内爆発音について、こちらのブログ(http://geddan.hatenablog.com/entry/2013/11/16/224803)に「どうもその日に聞いた音がまとまって聞こえているようだった」とあるのですが、これ結構あたっているような気がします。

というのも昨晩どかーんとなったとき、なんかおかしくなって笑ってしまったんです。
目が覚めた瞬間、何故笑ったのかすぐに忘れてしまったんですが、思わず笑い出すようなことがどかーんの中に聞こえていた気がするんですよね。

ちなみに私も、信じられないぐらい寝つきのよい人間です。
もしかして、ナルコレプシーっぽいのかもしれません^^;;

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嫉妬 [雑感]

まずはSTAP細胞おめでとうございます。

まだまだ技術としては入口みたいで、また、マスコミがぎゃあぎゃあ騒いでこれから何かと大変だと思いますが、マイペースで頑張ってください。
マスコミ等がうざかったら、是非外国に行って続けてください。
うざい人々に付き合う必要はないと思います。

しかし、リケジョって言い方どうにかならんのか、気持ち悪い。
本当に「人」っていう概念の無い国だな(そもそも「女子」とか「男子」とかでカテゴライズする人間は信用できん)。


で、この小保方さんですが、うらやましい。
本当にうらやましい。
嫉妬してしまいます。

普段、自分は嫉妬するような性格ではないんですが、今回ばかりは猛烈に嫉妬。

といっても研究内容に対する嫉妬ではなくて(そもそも自分は研究者じゃないし、嫉妬する理由が無い^^)、あれですよあれ、かっぽうぎ。
おばあさんから頂いたもんなんですよね、あのかっぽうぎ。

もう、これがうらやましくて仕方ない。
自分も欲しかったよ、「かっぽうぎ」。


私の身近にいた祖母は、まったくそういうことのできない人で(知っている範囲では、彼女の父親にかなりの問題があった)、お年玉すら一度も孫に(つまり私に)あげたことがない人でした。
唯一、一度だけ500円をくれたことがあって、それは故郷へ行く特急電車の時刻を彼女に代わって調べたときに、お礼にといってくれた500円でした。

この500円は、自分にとって今でも忘れることができない500円です。
多分、本人は気まぐれで渡したんだろうけど、孫にとっては一生残る500円。

そんな重たい物しかもらったことがない自分にとって、小保方さんのかっぽうぎはとてもカジュアル(「重い」と対比して「軽く」と書きたいけれど、その単語は誤解を生むのでカジュアル)かつおばあさまの心が感じられて、すさまじくうらやましい。

まさか、かっぽうぎに対して嫉妬する日が来るとは思わんかったよ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。