So-net無料ブログ作成
検索選択
おみくじ A GOGO ブログトップ

おみくじ A GOGO 〜お初天神の巻〜 [おみくじ A GOGO]

なんでもかんでも自動販売機で販売しちゃう日本。
おみくじも例外ではありません。有り難みが無い、なんていっちゃあいけません。
基本的に同じはずです。引こうと思ったときが引き時で、どこで引こうと一緒です、と。

”おみくじ A GOGO”では、いろいろな神社に置かれている”おみくじ自動販売機”を紹介していきます。
("GOGO"と打ち込んだときに、なぜか「マグネグ」という言葉を思い出したけど「マグネグ」ってなんだったっけ? あっ、Go!Go!マグネグflowerモモンガか......)


第1回は、お初天神(大阪市北区)です。梅田案内で紹介した、梅田新道の近くにあります。
100円を入れると、「ぴろろ〜ん」とかわいい音がして、おみくじが一個、ころんと出てきます。左右で二個一(にこいち)になってますので、お好きな方をどうぞ。

ここのおみくじが面白いのは、表面が日本語、裏面が英語になっていることです。しかも、なんと、英語が直訳じゃありません。微妙にいい感じで意訳されているのです。素晴らしい!ずいぶん手間ひまがかけられています。

例えば、ねこぱんちが引いたおみくじ。え〜と、第7番ですが、
日本語では、「正しい生活をしていると親類または他人より便りがあり喜びごとがおこります。天にまかせて思い悩むことは無用です」となっています。
「正しい生活をしていると」とか「思い悩む...」とは書かれていますが、なんかいいことが起きそうな感じですよね。

これに対して英語では、"You will meet with unexpected misfortne, but if you behave yourelf, you will hear from your relatives and your friends after a long absense, and you will be happy. Leave your fate to providence."となっており、「 予期しない災難が起こる」と書かれているではないですか。日本語ではこの前提が全く省略されていますが、なんと、「災難がおきるんだけど、普段の行いが良ければ、助けてもらえますよ」という意味だったのです。大分ニュアンスが変わっちゃいましたね。(あれっ?ニュアンスが変わるのなら、意訳とは言わんか.....。まあいいや)
また、日本語で「他人」となっている人が、実は、「長い間連絡がなかった友人」であることがわかります。

おそらく、外人さんにもわかるように丁寧に翻訳されているんだと思います。外人さんにもよくわかるということは、当然、日本人にもよくわかる、ということですので、お初天神でおみくじを引かれた際には、是非、裏面をご覧くださいませ。もちろん、日本語も十分味わってくださいね。

不定期掲載の「おみくじ A GOGO」(Sax-a-Go-Goみたいに語呂が良くない.....。名前変えるかも)でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
おみくじ A GOGO ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。