So-net無料ブログ作成
歯列矯正 ブログトップ

鋏状咬合(シザーズバイト)の解消 [歯列矯正]

このブログは思いついたことを適当に何でも書いている落書き帳なので、中途半端に放置されている話も多いです。

歯列矯正についても、長らくほったらかし状態でした。
しかし、「鋏状咬合(はさみ状咬合、シザーズバイト)」で検索かけて来られる方も多いので、一応、結果だけ書いておきます。

3年間の矯正で、奥歯の左右上下7番のシザーズバイトは解消しました。
噛んだときに、隣りの6番よりも上下の歯の間の「重複量」は少ないのですが、無事に「鋏状」ではなくなりました。

奥歯を動かすのに、TPA(トランスパラタルアーチ)という器具を使用しました。
しかし、最初はなかなか動かず、また、歯の外形も、咬合面から見たときに矩形ではなく、平行四辺形みたいな歪んだ形をしていたので、動かすの大変だったみたいです。
結局、まっすぐに内側に入るのではなく、やや回転しながら内側に入りました。

現在、とても良好です。

顎がカクカクおかしくなったり、外れなくなりました。
ただ、長年の無理がたたったためか、顎の関節はやや怪しいままなのですが^^;

あと、顎の骨の長さが左右で違っていた(成長期の噛み合わせが酷かったのが原因?)ためか、顔が正面から見て非対称だったんですが、それが改善された感じ。

一番不思議なのは、蓄膿症が治ったことで、どうやら歯の土台となる骨の形状が変化したみたいです。

でもね、率直な感想としては、骨の成長が終わってしまった大人での矯正は、結構歯医者側の技能がいるんじゃないかなあ。特に、シザーズバイトの解消は難しい印象がありました。噛み合わせも調整しないといけないし。

良いお医者さんを見つけて、良く相談してください。
健闘を祈ります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

39歳からの歯列矯正3 検査しました [歯列矯正]

こんにちは。
矯正のための精密検査に行ってきました^^

検査の内容は次のとおり

・まずは、普通の歯医者さんでもよく撮りますよね^^
 歯列をぐるっと一周のパノラマレントゲン写真。

・次に、なにやら耳の穴の中に突起を突っ込んで頭を固定して撮るレントゲン写真(セファロというらしい^^)。
 正面からと側面から。
 ところで、この写真には当然自分の骸骨が写るわけですが、一人一人が骸骨を一個ずつ持ってるってとても不思議^^;

・次に、同じく耳の穴の中に突起を突っ込んで頭を固定して撮るレントゲン写真。
 セファロとの違いはよくわからないけど、多分、特定の場所を撮影。

・そんでもって次に、プラスチックの治具で口を思いっきりイーっとした状態で撮る、歯列のスチル写真。
 正面と斜め前からと側面から。
 それと、口の中に鏡を突っ込んで歯列全体を俯瞰する写真を上下ともに。

・で、次は、顔のスチル写真撮影。
 正面と、正面の笑顔と、横顔を撮影。
 笑顔の写真では「歯を出して笑って」と言われたものの、普段そんな顔をしたことがないので(笑いの無いつまらない仕事なんです^^;;)、顔が引きつりまくり。
 カメラはニコンで、周囲にぐるりとフラッシュがついた不思議なレンズでした。

・さらに引き続き、歯形を作るための型取り。
 上下とも2セットずつ。顎の動きを見るために1セット使うらしい。

・そして、次は、顎の動きの検査。
 頭から金属製の輪っかみたいなのをすっぽりとかぶり、下の前歯に磁石を固定して、センサーで磁石の動きを(つまり下顎の動きを)トレースします。
 ところがところが、頭がでかいねこぱんち、この輪っかみたいなのがうまくはまりません。
 どうやら、東北アジア人の頭がでかい大人むけには、この装置は作られていないようです^^;;(歯の矯正をするのが、主に子供だということもあるんでしょうけど^^;;)
 なんとか頭にかぶせるも、結構な重量が鼻の根元の部分に集中して、この検査はかなりきつかった...

 まずは、輪っかを頭にかぶったままガムを噛む試験。
 左側だけで噛むのと右側だけで噛むの。ガムの味はとてもおいしい^^;
 次に、輪っかを頭にかぶったまま朗読をする試験。「おじいさんは大変働き者でした」とか、ちょっと変わった文を読み上げます。朗読なんか普段する機会が無いので、かなり恥ずかしい^^;

 検査は以上ですが、結果は9月の頭にわかります(3〜4週間、解析にかかるらしい...)
 ということで、歯列矯正の次の記事は9月です^^

 ではでは^^
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

39歳からの歯列矯正2 話を進めます [歯列矯正]

前回の記事からしばらく時間が経ちましたけど、とうとう矯正の話を進めることにしました。
今度、精密検査に行きます^^


いやー、しかし実際に始めようとするまでが長かった...^^;;

中学生のとき、健康診断に来た歯医者に矯正した方がいいと言われたが、家が貧乏でできず。
(前にも書きましたが、矯正が必要との診断書を学校でもらい、親に見せたら、「ウチは貧乏でお金がない!」とえらい剣幕で怒られまくった上、診断書をその場で破り捨てられた。夕方の薄暗い台所で。今、思い出しても怖くて心が震える...)

大人になってからやろうと思いながらも、学生の時はお金無し
(というか大学生活が楽しくて、すっかり忘れてた^^;;)

就職してからは、割とすぐに結婚したもんで、お金無し

ということで、なんやかんやで30代後半になっちゃいました^^;
(最近、歳とってきたからか、歯並びがおかしいせいで頻繁に頭痛が発生してまして、やむにやまれずという事情もある)

精密検査の結果は、8月上旬ごろにまた書きます

では^^
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

39歳からの歯列矯正1 矯正歯科に行きました [歯列矯正]

以前の記事で書いたように、実際に矯正歯科に行って話を聞いてきました^^

歯石取りとか、歯の表面のクリーニング(凹んでる歯がすぐに着色してしまうので、たまに着色を取ってもらう)を頼んでいる一般の歯医者さんに紹介された所です。その歯医者さんによれば、キレイに歯を並べるだけでなく、かみ合わせをキチンと考えてくれる矯正歯科らしい。

後でわかったんですが、矯正の専門医&認定医だそうです。先生ご自身は、そんなこと一言も言わはらなかったんですが。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060518ik02.htmの新聞記事は、矯正治療を行う場合、最初は認定医を受診することを勧めています。ご参考まで)


1時間ぐらいかけて先生と話をしました。レントゲンなどは撮影していません。
内容は、だいたい次のとおりです。

・鋏状咬合(7番左右上下)は直すべき。歯は横からの力に弱いので、放っとくとダメになるし、アゴの関節への負担が大きい。特に右側。
(確かに、何年か前に右のアゴが顎関節症になりました。今は全然痛くないのですが、たまに調子悪いときがあります)

・鋏状咬合を直すのには、一時的に歯を根本方向に押し込む力をかけた後に、横向きに倒れている歯を正常な角度に戻していく。
(噛んだときに上の歯の側面と下の歯の側面とが衝突するので、どうやって動かすんだ?と思っていたんですが、一時的に埋め込み方向に力をかけて側面同士の衝突を回避させ、なんとかクリアできるようにもっていくようです。押し込むためには、通常の装置以外にそれ用の金具を上顎の内側に配置するか、インプラントを埋め込んで支点に使うみたい)

・上の歯2本(小臼歯)は抜歯
(やっぱり歯が大きいようで^^;;、抜かないと無理、だそうです。いや、確かに見たまま大きいので仕方ないですね...)

・年齢は問題ない。
男性は女性と違ってホルモンの影響を受けにくいことも好都合なようです。
(この点について突っ込んだ質問をしなかったので詳しくは理解していませんが^^;;、閉経すると骨粗鬆症になりやすい、というのと関係してるのかな?)

・期間は2年半から3年。
その後3年は、リテーナー(歯が後戻りしないように、寝るときに嵌めるプレート)が必要。

・費用は、まあなんちゅうか、いい値段しますよねえ。
割と難易度が高いので、矯正期間3年として、およそ90万弱。
子供のときやってた方が多分安かったな...

・具体的な矯正の方針は、レントゲンなどを撮って詳細に検討してから。


次は精密検査ですが、検査が終わったら、またここに書き込みます。
ただ、矯正を始めるのを7月下旬以降にしたいので、多分、数ヶ月後になります^^
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

歯列矯正 ー 長い間放っていましたが... [歯列矯正]

2年半ぐらい前に歯列矯正の話をちょこっと書いたっきりになっていましたが、実のところまだ矯正してません^^;;
諸事情により忙しかったのと、上の歯を2本抜くのがイヤだったからです。
第一、お金がかかるし^^;;

ところが最近、シザースバイト(鋏状咬合)になってる奥歯(左右とも7番)が、普段の負荷が大きいためか痛くなってきてまして、エノキダケとか小松菜とか、大きい奥歯(6番、7番)を使って食べなければいけない食べ物がとても食べにくくて困っています。
ま、家では細かく切ってもらっているので、何とかなってますけどね^^。外食だとつらい。

ほんでもって歯の定期検診に行ったところ、さらに困った事態が判明...,
7番に異常な力が加わっているのと、3番の犬歯が本来の役割を全く果たしていないために、4〜6番の奥歯にも異常な力が加わって、きちんと歯が磨けてるにも関わらず、歯周ポケットが深くなってきているそうです。

毎晩、丁寧に歯を磨いているのにぃぃぃ...

で、歯医者に相談したところ、矯正を考えた方がいいときっぱりと言われまして、とうとう矯正歯科にカウンセリングにいくことにしました。

とりあえず4月のはじめに行ってきます。結論はまた^^
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

36歳からの歯列矯正 その0 [歯列矯正]

えっと、以前、歯並びの話をしましたが、先日、矯正歯科に行って話を聞いてきました。

というのも、最近、一部の歯が外を向いていることが原因で、寝ているときに口の中を切るわ(どうやら寝返りをうったときに切ったらしい)、結構切ったもんだから口内炎になって激痛だわ、それがやっと治りかけたかと思ったら、またまたその歯が原因で、飯食ってるときに口の中を思いっきり噛むわ(幸い、前回切ったとこから少しずれてた^^)、そしたら歯にムリな力がかかったらしく歯自体が痛くなるわ。

もうはっきり言ってガマンの限界です。

いくら自然にこうなったとはいえ、ホンマに頭に来ます。

そもそも中学生のとき、学校で矯正が必要との診断書をもらったけれど、親にその診断書を見せたら、「ウチは貧乏でお金がない!」とえらい剣幕で怒られまくった上、診断書を破り捨てられたので(今から思うに、多分、お金に困ってたんだな。しかし、ムリならムリで怒らんでエエよなあ...))、なおさら頭に来ます。

メラメラメラメラ....

(↑燃え上がる「冷たい」炎^^)

冷たい炎といえば、
♪Phosphorous wave on a tropical sea is a cold fire♪っと。

おっと、そういえば「白い炎」(←注:クリックするとYouTubeに飛びます)いう曲もあったな^^。あれは斉藤由貴か...。
♪わたし~、おろかな~、おんなのこですか~....しっかし、ひどい歌詞やなあ、これ。よく放送してたな、こんなの。

えーい、なんとかしちゃる!

というわけで、矯正歯科にゴー!^^

なんと、最近は矯正の相談って無料みたいです。
(地方によって違うのかもしれませんが、阪神・北摂地域は、調べた限りではほぼ無料。ま、実際に矯正を始めるには検査料ウン万円が必要なので、歯医者としては帳尻が取れてるんでしょうけれど^^。しかし、1時間近い相談が無料というのもすごい)

まず、診察椅子にごろりんと横になって、歯列をデジカメ撮影。
それを椅子の横に備え付けてある液晶モニターに映し出して(あまり自分でも見たくないですが)歯医者さんの解説が始まります。

1.まず、奥歯。
ねこぱんちのは、一番奥の歯が左右ともこうなってます(↓)

典型的なシザークロッシング(というらしい)で、元々は、後ろにあった親知らずに押されてこうなったと思われます。で、見たままの通り、この歯は全然物を噛むのに役に立っていません。それどころかアゴの運動を阻害しており、アゴがバキバキ鳴る原因(顎関節症ですね)となっているようです。ひえー。
ということで一番大きい(=一番大事な)奥歯が、左右4本とも全く機能してましぇん。確かに、スルメなど、噛まなきゃ食べれないものを食べるのがとても苦手です^^

2.次、前歯。
親知らずによって、全部の歯が前へ前へと押されたのが原因で、上の前歯の1本がへこみ、1本が出ています(こいつが口の中を切る原因!)。この2本の犠牲?により全体として出っ歯状態になるのは免れてますが、この2本と、対になる下の2本とが全く機能してません。よく考えたら、永久歯になってから右側の前歯で物を噛んだことがない。

で、当然八重歯です^^

八重歯はね~、若いときはいいんですよ。若いときは。
おばちゃんとかにね、「八重歯のかわいいお兄ちゃんやねー」とか言われて、お菓子もらえるしねー。
でもね、30代後半になると、八重歯の御利益が無くなって、お菓子もらえないんですよねー(当たり前だが。もらえたらコワイな^^)。

ま、お菓子はどうでもいいとして、都合8本が機能しておりません。

歯医者の話によると、今はまだいいけど、年をとってくるとこういう歯(噛み合う相手がいない歯)は、疲れたりしたときに痛くなってくるそうな。また、相手を求めて少しずつ伸びてきたりするので、先を切ったりしなければいけなくなる場合もあるらしい^^;;

3.もひとつおまけに、他の歯もイマイチだそうです。
普通の状態であれば、上の歯と下の歯は、山と谷とが噛み合っているのですが、ねこぱんちの場合、なんと、山同士があたっています。上の歯が前にずれているからですね。

ということで、上の小臼歯4番か5番を左右1本ずつ、計2本抜かなければいけない(虫歯じゃないので抜くのはとても残念T-T)ものの、代わりに8本の歯が復活するからと、矯正を勧められました。相談に行った矯正歯科3軒のうち1軒は高校の時の先輩がやってるとこだったので、商売で勧めているんじゃなくて、実際にそうなんだと思います。

おそらく秋の終わりぐらいから、矯正を始めると思います。

その経過については、随時、このブログに更新しますので(新しく「36歳からの歯列矯正」というカテゴリを作りました)、もし、何らかの事情で30代から矯正を始めようと思われる方は参考にしてください。

ま、自分の性格からして、大して役に立つことを書くとも思えませんけど^^

では^^


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
歯列矯正 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。