So-net無料ブログ作成

ソプラノ [夢]

ランニングを始めました^^

初めて一月たって、まだ初心者レベルに届かず。
おそるべし、20年にもわたる運動不足^^

初心者はキロ6分ペースだそうですが、いきなりキロ6分なんかで走れるかい!!!
心臓がびっくりして死ぬわ!!!

とはいうものの、やるたびに着実に改善が見られ、時速8キロ(キロ7.5分)で1時間弱ほどは走れるように。
短時間(500メートルほど)だと時速10キロ(キロ6分)いけますが、心拍数がかなり危ない数値に...
それでも最初は歩くことだけからスタートしたので、この成長ぶりに満足。
普通、40超えて成長することってまず無いので、それだけで嬉しいです。

中学生のときは、いやーな体育の授業で普通にキロ6分で走れていたはずなので、コワイですねえ、運動不足。
とはいえ、人間も生物ですねえ。ちゃんと順応しよるねん^^


さて、先日見た夢


    ******


ふと見ると、上司が扉を開けて入ってきたところだった。
なんか後ろに変なものを連れている。

「それなんですか?」と聞いても返事しない。

なんていうんだろう、なんとなく人の形をしているけど、真っ黒いもの。
大きさは、10歳ぐらいの子供のような感じ。
どことなく丸っこい。
悪いものの感じではなかった。

上司はいつの間にか消え、会議室のような狭い部屋の中に私とその黒い人。


と、その人が歌いだした、とても美しいソプラノの声で


しばらく聞いていると、自分も歌えるような気がして声を出してみた。


出た


驚いたことに、同じように美しいソプラノの声が



メロディーを確実にトレースしながら胸の奥から湧き出るように歌声が続く

その黒い人はいつのまにか私の中に入り込み、強いエネルギーとなって私を動かしていた
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分に刺される [夢]

最初に言っときますが、夢の話です^^;;
少しだけ怖いです。


          *****


ふと気付くと真っ暗な部屋の中に立っていました。



既にここで、ああ夢か、例のパターンのやつ^^;...と気付きます。

さて、このままいくと金縛りになるかdouble layeredになるか、と薄ぼんやりと思っていると、ピンポーンと部屋のドアホンが鳴りました。


次に気づくと、真っ暗な玄関のドアの前に立っています。

「はい」

と返事してドアを開けると、一瞬で小柄な黒い影が流れ込んできて刺されました。


左胸を


          *****


ここで、はっと目が覚めたのですが、まあ夢だしと思って、またすぐに寝た^^

これぐらい金縛りに比べたら屁でもない^^
ちょっとあせったけど


翌朝、この夢のことについて考えたけど、あの黒い影(子供ではなさそうだった。150cm~155cmぐらいの女性?)は自分自身の一部のような気がする。

まず、ドアホンが鳴ったとき、一瞬場面が切り替わって、その何者かが玄関のドアホンを押しているのが見えた。
どういうことかというと、映画のように視点が部屋の外に切り替わり、少し離れたところからドアホンを押しているのが見えた。

次に、部屋に流れ込んできたとき、その黒い影には顔がなく、全体が真っ黒だった。

そして、私を刺した右手には、実は何も刃物が握られていなかった(でも刺された...)。


夢の中で自分の無意識に何か抗議されたような気が直感的にする。


うーん....いろいろと反省^^;;
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

解離の被注察感 [夢]

GWですねー。とてもいい気候です。
一年中、こんな気候ならいいのに。

最近、少しでも運動不足が解消できるように、昼ごはんで外に出たときは(うちの会社はどこで飯食おうと自由)、3、4kmは歩くようにしてます。

ちゃっちゃとごはん食べて3、4キロ歩いて、大体ちょうど1時間。
もともと基礎代謝が多い体質らしく(結構食べてるのにあまり太らない)、会社に帰ってくると発熱して汗だく^^;; 
んで扇風機で強制冷却

いろいろ街を歩いていると結構面白い。
淀屋橋から出て真東に行くと天満(JRの天満駅のあたりではなく、昔から大坂の一部だった大川沿いの天満。ちょうど天神さんの真南あたり)なんですが、あの辺、いいですねー。
別にこれといったものは何もないんだけど、川の北側に位置しているので南が開けていて光が明るい。一種のハレの場所になっています。
梅田みたいなジメッとした陰鬱さがありません。

やっぱり昔から人が住んでいるところは、今も住みやすいのかもね。
もっとも、最終的にはそこに住む人次第ですけどね。

で、歩いていると、今週目についたのは、これ(↓)

fp01F5197584s3035.jpg

すいません、画像は野草雑記さん(http://www.tombon.com/fp01.htm)からの借用です。


これがちょっとした地面があるところにわんさか生えている。

どうみてもケシの花に見えるので、これ、生えてて大丈夫?もしかして警察に通報?と思ったんですが、ナガミヒナゲシという花で、問題となる成分は含まれていないみたいですね。

なんか見た目がか弱そうな花なんですが、あの生え方だと実はすごく強いな^^
放っておくと、そのうち大群生になるな。
なんせ、どこにでも生えてるんだもん。


さて、本題

暗い話なので、前振りをガラに無く明るめにした^^


解離性障害の症状に「何かに見られている感じ」(柴山さんの本によれば「被注察感」)があるようです。
そして、それは、例えば家の中の一定の場所に感じたりするらしいです。

自分もそうでした。
この被注察感というのは非常によくわかります。

自分の場合、実家の中の何か所かにあって、そのうち一つがお風呂(一番弱い)、一つが2階のトイレ(弱い)、一つが階段(やや強い。一度、骸骨が上ってくるのが見えた階段)、そして一番強いのが自分の部屋のフスマの横の壁でした。ちなみにこのフスマの向こうが階段です。

机に座って本などを読んでいると、この壁がちょうど自分の背中に位置する(3mほど離れている)のですが、常に壁から誰かに見られている気配が。
頻繁に後ろを振り返って何もいないのを何度も確認していました。

どんな風に見えていたかというと、ちょっと気持ち悪いので....

間をあけます。








興味のある人だけ展開


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頭内爆発音 [夢]

いやー、久しぶりに来ちゃいました頭内爆発音^^;


知ってます? 頭内爆発音

これ、寝てるとき(睡眠が浅いとき)や寝入りばなに頭の中で結構大きな爆発音が聞こえるという現象です。
(参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/377306/  何故かWikipediaには項目が無いな...)

珍しいと思います。身近な人から、こういうことあったよと聞いたことがありません。

で、昨日寝てたら、夜中にどかーんと^^;
25年ぶりぐらい。

前回、25年前は、家で昼寝しているときにいきなりどかーんとやられました。
そのときは本当にびっくりして、ダンプでも突っ込んだとのかとあわてて飛び起き、家の中を確認して回ったのを覚えています。
でも何も異常が無くて、さっきの一体全体何????の状態でした。

今回は前回よりもマイルドで、やや音量が小さく、音の聞こえる時間が長かったです。
しかも2回目だったので驚きが少なかった(それぐらい前回のことはインパクトが大きく、よく覚えていた)。


この現象、原因不明なんですけど、個人的には金縛りやdoulble layered(二層)の夢を見るときと似てると思います。
二層の夢を見るときの二層目から一層目に移動したときにとても眩しいことが多いんですが(で、朝と間違えてさらに零層目(=現実世界)に移ると、実はまだ暗い夜中^^;;)、その聴覚版という感じがします。
あくまでも直感的な解釈ですが。

前回は昼寝でうとうとしていたとき、今回は夢を見て眠りが浅かったときと、そのタイミングも金縛りや二層の夢にそっくり。
さらに前回のどかーんは連日の金縛りに悩まされていた時期でした。


根本は、何らかの要因による睡眠の乱れのように思います。

自分の場合は、多分、仕事で脳が疲れて、異常な信号が出たに違いないです。
揺れる夢を見まくっていたのも、これと関係しているのかも(異常な信号が触覚に出ると揺れを感じる)。


こういうときは、車運転するか、電車乗ってどこかに行くかすると回復します。

ここで大切なことは行先を決めずに運転するか電車乗ること。
普段の通勤と同じことしちゃダメです。
その場その場の自分の気分に従って適当にうろうろしていると脳の疲労が回復します。
今そこにある景色を何も考えずに眺めるのがポイントです(車乗るときは、それができるぐらい他に車が走っておらず、信号も無いワインディングがベター。景色がくるくる変わるので)


ところで、実はこの回復動作は子供のときからの知恵です。
うちは家庭環境が結構シビアだったので、小学生んときから疲れたなあと思うと(子供でも極度に疲労するぐらいシビアだったということ^^;;)、一人で電車乗って京都行ったり、須磨浦公園に行ったりしてました。
何で京都や須磨かというと、当時の阪急電車の東の端っこと西の端っこです。

須磨に行ったときはたまたまそこに遊びに来ていた大学生のお姉さんに一緒に遊んでもらったのでよく覚えているんですが、他の所に行って何をしたかはよく覚えていないんですよね。

四条河原町の駅を降りた後、どうしてたのか?
鴨川の河原でぼんやりしてたのかなあ。
まあ、それぐらいただ景色を眺めてたんでしょうね。


さて、頭内爆発音について、こちらのブログ(http://geddan.hatenablog.com/entry/2013/11/16/224803)に「どうもその日に聞いた音がまとまって聞こえているようだった」とあるのですが、これ結構あたっているような気がします。

というのも昨晩どかーんとなったとき、なんかおかしくなって笑ってしまったんです。
目が覚めた瞬間、何故笑ったのかすぐに忘れてしまったんですが、思わず笑い出すようなことがどかーんの中に聞こえていた気がするんですよね。

ちなみに私も、信じられないぐらい寝つきのよい人間です。
もしかして、ナルコレプシーっぽいのかもしれません^^;;

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

揺れる [夢]

ここ数日、地震の夢を見てちょっと困る。

今朝なんか、緊急地震速報と、有馬で震度4という情報まで夢の中で再現されていて(なんで有馬?有馬-高槻構造線か??)、本当に地震が起きたのかと思い、ちょっとあわてる。

しかも、日が経つにつれて、次第に揺れが大きくなってきてる^^;

ま、本当に地震が起きるとは思ってないけど、なんかイヤだな。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続続・ふみんみんみん [夢]

さて、例の不眠(朝早くに起きて寝れない)ですけど、寝る前にメイラックス1/4+テトラミド1/4服用で特に問題なく寝れておりました。

が、メイラックスはベンゾジアゼピンです。
長期服用後の離脱が怖い(一日に1/4錠とはいえ、長く飲み続けていれば、その状態を体が正常と判断してしまうはず)。

それに、薬局の薬剤師さんが、あまりいい顔をせん^^;;(困ったもんだ。向精神薬が必要な人だってきっといると思う)

で、漢方専門医に行って症状を話し、薬を漢方に切り替えました(漢方は処方されてても何故か誰も気にしない。どうやら服用した感じ、向精神薬と効果は同じみたいなんですけど...)。

漢方と、メイラックス+テトラミドの重複期間を少しとって、後者をすぱっと止めたところ、うまく成功。
少量を半年飲んだだけだからか、メイラックスの離脱症状は特に現れず。
(若干、2日ほど軽い動悸があったような気もする。でも、これは気のせいかもしれない。ちなみに、昔、内科医にもらったリーゼは、ほわっとする代わりに確実に離脱が発生。同じく内科でもらったデパスは、全く逆効果で、飲むとイライラして余計に寝れません^^;;。その点、メイラックスは、飲んでもほとんど変わらなかった印象)

メイラックス+テトラミドほどはぐっすりとは寝れないんだけど、例の「二重の夢」も見ないし、ま、こんなもんだな程度は寝れてるのでとりあえず問題なし。

それよりも、漢方が効くっていうのがかなり不思議で、入っているものシナモンとかボレー粉なんですけど....という感じです。

人によっても効き方は違うでしょうが、不眠の人は一度試してもよいかもしれません。
なお、片手間にやってる人でなくて、漢方専門医がいいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緋連雀 [夢]

うちの奥さんと手をつないで夜の道を歩いていた。

私が右 彼女が左


どうやらそこは住宅街らしく、道の両側には途切れることなく小さな家が並んでいた。
道に面してすぐに玄関があるような下町の細い道である。
小型車がなんとかすれ違えるぐらいの道幅

何時ごろだろうか?
立ち並ぶ家々は真っ暗で、ひっそりと静まり返っている。


人けの無い道を歩いていく。

曇っていてはっきり見えないが、どうやら月が出ているらしく真っ暗闇ではなかった。
空は微かに明るみを帯びていて、その影になった木々が見える。



すると、ちょうど十間ばかり向こうの空を横切る電線に、赤い鳥が向こうを向いてとまっているのが見えた。

ヒレンジャクだ。


すると彼は、その赤い尾から微かに光る鱗粉をまきながら、夜空に向けて飛び立った。

彼の跡から様々な色をした小さな光が、静かに降りしきる。
辺りがほんのわずかに明るくなる。


そう、夜はその全てもが暗闇ではないのだった



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

続・ふみんみんみん [夢]

いやー、寝れますわ。

どういう作用なのか知らんけれど、メイラックス+テトラミド。
ネットを見ると耐性ができてすぐに効かなくなるとか結構書いてあるけれど、今のところ全くそんなこと無し。

まあ、体質によって全然効き方が違うらしいから、たまたま当たりの組み合わせだったのか?
(ちなみに、診察前に心理テストと30分ぐらいのカウンセリングがなされたから、その辺が効いてるのか?)

おかげで昼間の仕事ははかどるわ、音に対する過敏さも減るわ、結構良いことも多いんですが、残念なのは朝方の面白い夢が減ったこと。
良く寝れているということだろうけれど、あれはあれで面白かったからな...


例えば、2か月前ぐらいに見たやつは、こんなやつ。
ヨーロッパ風の暗い石畳の夜道を自分が歩いているのを、何人かとともに自分自身が眺めていて、歩いている自分が角を曲がるとき、ちょうどそこが街灯で照らされていて、明るくなった下では歩いている自分の後ろに外人(スイス人...なんでかは知らん)がくっついているのが見えて、

 「あ~、見つけた!やっぱりくっついてるわ」

とみんなで騒ぐというもの。
角を曲がって暗い所に入ると外人は見えなくなる。

訳わからん。
何、これ?


去年の12月ぐらいに見た夢は、水色のワンピースを着た自分が大きな緑の葉っぱの上に座っているのを、ちょっと離れたところから自分が眺めているというもの。
性変換している自分を、自分が離れたところから眺めているという複雑な状況になっている。

しかし、葉っぱの上の彼女は非常に幸せそうに微笑んでいて(ちなみに顔はかなり女性的に変化している)、水色と緑とピンクと(何かピンクのものが周囲にあった)とが非常に美しかった。
ちょうど、今やってるNHKの大河ドラマのオープニングタイトルの最後の辺り(ピンクの和傘をみんなでさすあたり)に、色彩の感じは近い(夢の方が先だからドラマの影響はない)。

こういうのはこういうので、寝不足にはなるものの、結構面白いし、仕事の役にもたつんよねー。


うーん...

不眠を解消するっちゅうのも難しいことだわ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

流入 [夢]

相変わらず見てますよ、変わった夢。
なので、新しく「夢」カテゴリーを作りました^o^

最近、年度末で忙しく、頭が疲れているからか、朝方に「夢の中の夢」を見ることが多く、少しうっとうしいです。

例えば、夢を見てて、はっと起きて、枕元の目覚まし時計を見たら5時46分。
うーん、まだ早いなあ、もうちょっと寝ようと思い、しばらくぼやっとした後で二度寝していると、実は起きて目覚まし見たことと二度寝したことそれ自体が夢だったらしく、再度夢を見てはっと起きたら、やっぱり5時46分。
さっきとは部屋の明るさが違う。

いい加減にしてよ、という感じですよね。
部屋の明るさが違う(大抵、夢の中では現実よりも明るい)ことがダブルレイヤーの夢の特徴ですが、結構疲れます。

あと、仕事中にデジャブ頻発中。
それがノイズになってしまって、やや仕事の効率が落ちてます。


さて、とはいえ、頭が疲れているときは面白い夢もたくさん見る機会ではあります。

相変わらず、動物になったり性変換したりしてます^^;;(http://neko-panchi.blog.so-net.ne.jp/2011-09-05参照)。


大型の鳥になって高いところを飛んでいたときには、びゅぅおーー、という風の音しか聞こえなくてなかなかスリリングでした。

また、ミステリ仕立ての夢もいい感じです(誰が筋を考えてるんだろう...?)


*****


どうやら、自分はその店に奉公にきているようです。

江戸の終わりぐらいの感じで、自分はまだ子供といってもよい年恰好の女の子であるようです。
縞の柄の着物を着ています(視界には袖が見える。あと背が低いため視線が低い)。
井戸の水で野菜を洗ったりしています(このとき、トイカメラのように、視界の縁がやや暗く落ちています)。

ただそこのご主人はとても良い人で、奉公人にも分け隔てなく接します。
自分もとても可愛がってもらっているようです。(可愛がってもらっているシーンは直接見えていなくて、私は良くしてもらっているんだと感じています)。

ところが、ある日、ご主人が殺されてしまいます。
金が盗まれており、強盗の仕業と思われました。

私は決意します。

ご主人を殺すなんて許せない。
殺した人間を見つけ出そう、と。

家の中をいろいろと探し回りますが、何の糸口も見つかりません。
子供のやることには限界があります。

ところがあるとき、家の中央にある納戸に置かれた長持に手紙を見つけます。
長持の蓋の裏に手紙(横長の和紙に筆で書かれたものを、短冊状に折ってある。要するに昔の手紙)が貼り付けてあったため、今まで気づかなかったのです。
そして、その手紙には、犯人につながる情報が書かれてありました。

私は気づきます。

店の手代が犯人だと。

手代の中に悪い性格の人間が紛れていたようです。
仲間2人を手引きして、ある夜、ご主人を殺し、金を盗んでしまいます。ところがその手代は、その後も素知らぬ顔で働き続けていたのでした。

そして、私はその手代を前にして、トリックの山田奈緒子ばりに(気分は仲間由紀恵...^^;;、というか凄い義務感があった。ちなみに何故かもう子供ではなく大きくなってます。手紙を見つけるまでに時間が経ったのか?)右腕を上げながらこう言います。

  「お前たちのやったことは、全部おみと........」

*****

  「起きてる??」

奥さんに起こされちゃいました。

起きた瞬間に、手紙の内容を全部忘れました。

ただ、手代は確実に犯人だぜ、見つけたぜ、という気持ちだけが、起きぬけでぼーっとしている私に残っていたのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。